« 今週も小倉 | Main | また敗北フェブラリーS »

2005.02.17

フェブラリーS先行予想

なんとなく平穏に終わった小倉の最終日で、前日の高配当に僅か届かなかった事がいささか悔やまれますが、一応、小倉冬の陣はおしまい。小倉の収支は大きく勝ち越しているので、まあヨシとしましょう。

さて、G1の幕開けを告げる砂の王者決定戦、フェブラリーSが近づいてきました。砂上へ舞台を移して破竹の勢いを持つメイショウボーラー、JDを制した老兵タイムパラドックス、東京ダは大好物とする新鋭サイレンスボーイなど、いずれも劣らぬ強者揃い。人気も割れそうで、楽しみな競走です。

大した根拠も無いのですが、これまでの主観的な印象を頼りに、ちょっと予想してみました。

まずはガーネット、根岸と快進撃を続けるメイショウボーラー。果たして東京1600メートルが克服できるかが注目されるところでしょう。しかし、馬場や距離よりも、むしろ年明けの連続2競走が、この馬にとっては遣い詰めのようにも思え、今回は思い切って消し。

アドマイヤドン。暮れの有馬記念は、どうにも気に入りません。本番前の芝への馬場替わりは、一般的に「かまし」と呼ばれ、警戒が必要なのですが、) 松田博師が当時に曰く「これを機会にドンは芝へ転向」らしいコメントをしていました。本当だとすれば、 有馬記念は「かまし」ではなく、単に負けただけの余分なレース。少なくともフェブラリーSを目指した使われ方では無かったと思えます。その真相は・・・という事で○。

タイムパラドックス。彼が本命です。たしかに現7歳といえば昔で云う8歳。ちょっと重賞では行き過ぎのようですが、交流G1で好調をアピールし、ここへ臨戦。いい感じです。AJCCのダイワテキサスが然り、冬の間の8歳馬は、まだまだ通用すると見て、期待の◎。

ユートピア。近走は惜しいところまで来るのですが、なかなか勝ちきれない実力馬。意外と速い脚を持っている印象から、もしかすると東京マイルの流れは向くかも知れません。で▲。

シーキングザダイヤ。ちょっと言い過ぎですか。初ダート。(^^;

|

« 今週も小倉 | Main | また敗北フェブラリーS »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14854/2972230

Listed below are links to weblogs that reference フェブラリーS先行予想:

» 【競馬】フェブラリーステークス プレ予想 [★ちゅっ!どーん!ブログ★]
2005/2/20に行われる 第22回 フェブラリーステークス(G [Read More]

Tracked on 2005.02.17 at 09:19 PM

» フェブラリーS 予想 [Racing Blog 2005]
12月の阪神JF予想の項で、馬には馬同士の闘争があるんじゃないかと書いた。今週の「週刊ケイバブック」に山野浩一氏が私と同じような視点からアドマイヤドンについて興... [Read More]

Tracked on 2005.02.20 at 06:59 AM

« 今週も小倉 | Main | また敗北フェブラリーS »