« 阪神大章典など | Main | おっと日経賞 »

2005.03.28

中京終幕

今年の高松宮記念は、どうにも難しかった。

今開催の中京競馬は初日から買い続けているので、各馬場条件の傾向というか、出走馬をみれば有る程度、展開の予想が出来たものでした。だからダートでも芝でも、差し馬を軸にするか、逃げ馬を探すか、そんな感じで馬券はよく当たりました。

「ダ1000m」とにかく出足の良い馬。一完歩の速い馬は、ほとんど粘りきります。
「ダ1700m」依然として前有利も、展開によっては差し届くこと多し。力さえあれば捲り加減の強引な競馬で間に合う。
「芝1200m」強い逃げ馬は連下に残ります。相対に差しと好位。
「芝1800m」小回りで速い流れになるせいか、前は不利。差し、追い込みが台頭。
「芝2000m」1800mに比べてゆったり流れるせいか、前有利。とにかく強い逃げ馬が軸。ただし仮柵を設けた後半は、逃げ切れない様子。

こんな風な馬場と傾向でした。

が、高松宮に関しては、こうした展開の予想というか、イメージが湧いてこない。ライトオの俊足がレースを引っ張り、すぐ後ろの先行馬とレコード決着にでもなるかと思っていたら、さにあらず。Racing Blog 2005でも書かれてる通り、意外と力のいる芝だったのでしょうね。

それにしても武君の手腕には、いつもながら恐れ入ります。あのアドマイヤマックスの一瞬しか使えない末脚を知っていて、中段でギリギリまで溜める──しかも馬の集中力を損なわないよう流れに乗せていく騎乗術は、ほかの誰にも真似が出来ない芸当です。

それに応えるように最後の1ハロン、いや100メートルくらいですかね。まさに「突き抜ける」という表現がピッタリの一瞬の出来事でした。

プレシャスカフェを内に入れてグズグズしていた蝦名騎手は、最後の最後で伸び悩み、キーンランドスワンに差されて3着。これまでの4連勝が、少々捲り気味なレースで結果を出していたところを見ると、今回は初のG1で大事にいきすぎたのでしょうかねえ。自在な脚を持つ馬だけに、ちょっと残念な3着でしたね。

というワケで、まるっきり外れた高松宮記念。

一方でマーチSは、久々の6頭ボックスという投網式の馬券で的中。こっちのが配当が良かったもんね。(笑)

クーリンガーはしかし、今回のような流れになるとしぶとく強いですね。平安Sで2着したときと同じようなレースでした。

それよりも何よりも、今開催の中京では、ちょっとした誤算がありました。

7日目の6Rを予想して、朝イチのI-PATで馬券を買ったのですが、5Rの発走時刻になってふと気づくと、なんと6Rの予想で5Rを買っていたのでした。阿々、買い間違い。南無三とばかりにヤケクソでたんぱラジオを聞いていると、なんと間違えた馬券が的中。しかも馬連420倍の高配当。はっは、こりゃ笑いが止まりません。

以前、馬番を間違えて買って、当たっていたはずの万馬券を取り逃がした京都のレースがあったり、年間に1000レースも購入しているといろんな事があるのですが、こんな誤算は生涯に一度あるなし。いや、ありがたい事です。これで今年のこれまでの収支はプラスに転じました。

昨年の中京では、手に負えないほど負けましたが、今年は万馬券3つを含む善戦で、実に心地好い8日間を楽しませてもらいました。来週は福島競馬の開幕。昨年の福島は散々でしたが、この流れなら──。がんばります。(笑)

|

« 阪神大章典など | Main | おっと日経賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14854/3475514

Listed below are links to weblogs that reference 中京終幕:

» 高松宮記念 他 結果 [Racing Blog 2005]
押して押して前に行ったカルストンライトオと大西直宏騎手だったが、それでも刻んだラップは前半33秒3。想定してた以上に時計のかかる、パワーのいる馬場だった。このラ... [Read More]

Tracked on 2005.03.30 at 12:20 AM

« 阪神大章典など | Main | おっと日経賞 »