« マイネルハーティ | Main | ディープインパクト »

2005.04.10

妄想馬券【桜花賞】

牝馬の一冠、桜花賞はラインクラフトへ。売り出し中の福永騎手は、フェブラリーSに続くG1レース2勝目。素晴らしい!

今年の3歳牝馬は、トライアル競走の勝ち馬が、その都度に入れ替わる拮抗した力関係に見えました。たとえば桜花賞常連組のチューリップ賞は、上位2番人気の馬が負け、3番人気のエイシンテンダーが勝ちました。

一方で1400メートルのフィリーズレビューを勝ったラインクラフトが上昇気流に乗って本番を制したのですが、相手がシーザリオ。昨年に続いて関東圏で開催されるフラワーC組です。

昨年の暮れから安定した強さで順調なローテーションで来たのは、ラインクラフトだけ。相手は何が来るやら....こうなると予想は、あらぬ方向へ。

クィーンCから虎視眈々と桜を狙いに来たショウナンパントル、あるいは牡馬に揉まれてきたライラプス。いや本番を控えて武豊を配したエアメサイア、敢えてアネモネSから始動したアンブロワーズ、と予想は逡巡。中でも穴っぽいのはショウナンで、相手は桜花賞男、武くんが勝ってダブル豊で決まる──なんて、もう滅茶苦茶な妄想馬券。

結果的に、手合わせをしていない伏兵、シーザリオが速い流れを味方につけて吉田稔の鮮やかな追い込みでクビ差2着を確保。この馬だけは、前走から強さを量ることが出来なかったので、馬券を持っていません。

ところで競馬ブック本誌は、シーザリオに◎、ラインクラフトに○ですから、天晴れ。いや恐れ入りました。

|

« マイネルハーティ | Main | ディープインパクト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14854/3642236

Listed below are links to weblogs that reference 妄想馬券【桜花賞】:

« マイネルハーティ | Main | ディープインパクト »